安全利用ガイドライン

マイコンメーターの表示

ゴム管が外れたとき!

マイコンメーター

容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処理を頼んでください。

消し忘れたとき!

マイコンメーター

お風呂のつけ放しなど必要以上に使用時間が長い場合、自動的にガスを遮断します。

ゴム管にヒビがあったとき!

マイコンメーター

微少な漏れが30日以上流れ続けた場合、警告表示します。

地震が発生したとき!

マイコンメーター

ガス使用中に震度5相当以上の地震があると、自動的にガスを遮断します。

警報器が鳴ったとき!

マイコンメーター

ガス漏れ警報器などの異常信号で、ガスを遮断することができます。
(ガス漏れ警報器設置の場合)

配管のガス圧力が低下したとき!

マイコンメーター

ガス配管の圧力が低下したとき自動的にガスを遮断します。

マイコンメータがガスを遮断した後、自分でできる復帰方法

ガス栓・器具栓をすべて閉じる。復帰ボタンを押してすぐに離す。

1. ガス栓・器具栓をすべて閉じる。

※ガス配管の圧力が低下したとき自動的にガスを遮断します。

2. 復帰ボタンを押してすぐに離す。

※表示部分の液晶または赤ランプが点滅します。   

3. 1〜2分待つ。   
ガス漏れがないかどうか、安全確認しています。
異常がなければ、液晶または赤ランプの点滅が消え、ガスが使えるようになります。

このページのトップへ