総合エネルギー企業として高松初のメガソーラー発電開始。

(高松港メガソーラー発電所)

(高松港メガソーラー発電所)

 弊社は、高松市朝日町の弊社敷地内に大規模(出力約1MW)の太陽光発電所(仮称:高松港メガソーラー発電所)を2012年8月下旬に着工し、同年12月に完成・発電開始し、再生可能エネルギー事業に参入致しました。

 弊社は環境負荷の低いエネルギーであるLPガスの販売を中心に創業50年が経ちました。この間、日本で初めて一般家庭にカーボンオフセットプログラムを使ったLPガスの販売や、社内事務所のLED照明化、ガスヒートポンプエアコンの導入など、節電に対する全社的な取り組みも積極的に行なってまいりました。太陽光発電システムにおいても、2006年より事業を開始し、広く販売を行うだけでなく、自らすべての事業所に合計37kwの太陽光パネルを設置し、発電を行なっております。

 この度、エネルギー問題による環境負荷の低減と持続可能なエネルギー供給という観点から、弊社高松市朝日町敷地(高松港湾地区)にて大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を行いました。最大出力約1MW(年間総発電量は一般家庭300世帯年間消費電力に相当)、これにより年間約449t のCO2削減効果を見込んでいます。

 今後も、総合エネルギー企業としての役割を自覚し地球環境保全への貢献度をさらに高めるために、積極的に事業展開を図っていきたいと考えています。