地球に優しい企業を目指した
環境問題への取り組み

地球温暖化問題は、温室効果ガス(主に二酸化炭素)が増えて地球の温度が上がり、地球全体の気候が変化することで自然の生態系や農産物に悪影響を及ぼすものです。
従って、二酸化炭素の発生量の少ないガス体エネルギーに変えていくことが急務となっています。
LPガスは化石燃料の中でも最も二酸化炭素の発生が少ないクリーンなエネルギーとして広く利用されています。  
大同ガスは地球に優しいエネルギーを提供していきます。

二酸化炭素排出量

LPガスは燃焼による排ガス中のCO2量が、石油や石炭に比べて非常に少なく、硫黄分の含有量がほとんどありません。
そして、窒素も含まれておらず、ススや灰分を出さないのでオゾン層破壊の心配がありません。
またLPガスは、体積あたりの総発熱量が天然ガスに比べて約2倍と非常に高く、環境によいことと併せハイパワーで高品質なガス体エネルギーなのです。

 

CO2排出権付LPガス提供「大同カーボンゼロ倶楽部」

LPガスを使用する(燃焼する)際に排出されるCO2分と同量のCO2排出権コストを、当クラブにご入会いただいたお客様と弊社が共に負担することで、CO2排出量を相殺(ゼロ)にする、という仕組みです。
詳しくはこちら≫

地球にやさしい高効率機器・システムの提案

エコジョーズ エコウィル

従来品に比べて燃焼効率を13〜20%も向上させた高効率ガス機器(ガスコンロ・ガス給湯器など)は大気中への不要な熱の放出を低減し、CO2の排出量も同様に13%以上削減、ガス料金も同様にお得です。

大同ガスはこれからの地球温暖化防止に貢献する地球環境にやさしい機器(ガスコンロ・ガス給湯器)をはじめ、家庭用ガス発電・給湯暖冷房システム(エコウィル)や今後家庭用燃料電池システムも 積極的に提案してまいります。

香川県の緑化事業を支援

香川県の緑化事業を支援

LPガスは化石燃料の中で最も二酸化炭素排出量の少ないエネルギーですが、それでも二酸化炭素を排出します。
木や花などの植物は二酸化炭素を吸収し、酸素に変えることができます。

大同ガスは香川県が行っている緑化事業のひとつ「どんぐり銀行」をサポートする「どじょうクラブ」を支援しています。

我々のエネルギーで排出された二酸化炭素の一部を緑化を進めることで回収する、という環境面での循環型企業を目指します。

「チーム・マイナス6%」に参加

私はチーム・マイナス6%です。

深刻な問題となっている地球温暖化。この解決のために世界が協力して作られた京都議定書が平成17年2月16日に発効しました。

世界に約束した日本の目標は、温室効果ガス排出量6%の削減。
これを実現するための国民的プロジェクト、それがチーム・マイナス6%です。

大同ガスは「チーム・マイナス6%」に参加し、積極的に活動を行ってまいります。

このページのトップへ