大同カーボンゼロ倶楽部

地球温暖化問題に関心が集まる中、一般消費者が手軽に参加できるCO2排出削減運動が求められています。
弊社はエネルギー企業として、CO2排出削減活動に積極的に取り組み、お客様一人ひとりが実際に貢献できる機会をご提供するため、有限責任中間法人「日本カーボンオフセット」(代表理事:末吉竹二郎)と共同で「大同カーボンゼロ倶楽部」(以下当クラブ)を作り上げました。

このプログラムは、エネルギー企業として日本で初めてカーボンオフセットを利用したCO2排出権付ガスを提供するサービスです。

カーボンオフセットとは

日常生活で発生してしまったCO2(二酸化炭素:カーボン)の量を、他の場所で実施されるクリーンエネルギー事業などによって得られる排出されるCO2排出権で、吸収・相殺(埋め合わす:オフセット)する取り組みです。
消費者や企業が温室効果ガス削減に対するコストを負担することで環境問題に貢献できる活動として、近年注目を集めています。

どのような仕組み?

LPガスを使用する(燃焼する)際に排出されるCO2分と同量のCO2排出権コストを、当クラブにご入会いただいたお客様と弊社が共に負担することで、CO2排出量を相殺(ゼロ)にする、という仕組みです。

大同カーボンゼロ倶楽部の仕組み

環境について考え、何か行動を起こしていくうえでも、「大同カーボンゼロ倶楽部」へ是非ご入会ください。
大同カーボンゼロ倶楽部についてのお問い合わせはこちらから≫

このページのトップへ